情報モラル21(加害者になってしまう:p.32~44)

2018年2月7日

p.32 デジタルタトゥー

・何が起こったのか

ふざけて、安易な気持ちで載せた写真が大ごとになってしまった。
そのことで、一生消せない重荷となった。

・このままいくとどうなるか

一生消えることがなく、情報がどこかに出続けてしまう。
ひょっとしたら一生だけではなく、亡くなった後も残ってしまう。

 

p.34 犯行予告

・何が起こったのか

暇だという自分の勝手な理由で、何の考えもせずに洒落にならない書き込みを行った。
それによって、警察まで出動する大ごとになってしまった。

・このままいくとどうなるか

学生であれば退学、仕事を持っていれば解雇といった社会的な制裁が行われる可能性がある。

 

p.36 個人情報

・何が起こったのか

目立ちたい、という欲求のために、安易に犯罪行為をして、その情報を公開してしまった。
それにより、周りにバレてしまった。

・このままいくとどうなるか

状況次第によっては、退学処分となり、自分の人生を破滅に向かわせてしまう。

 

p.38 情報の信憑性

・何が起こったのか

情報の真偽や更新日時などをしっかりと確認せずに、思い込みで他人に情報を流してしまった。
それによって、受け取った情報を信じた人は、不利益を被ってしまった。

・このままいくとどうなるか

どんな情報でも真偽を確かめずに発信することで、他人の不利益があるのはもちろん、自分自身の信用も失ってしまう。

 

p.40 不正アクセスなど

・何が起こったのか

無線LANを使ってゲームをしたいという思いから、勝手に人の家の無線を使ってしまった。
それによって、人の家のものを勝手に使ってしまった状況になった。

・このままいくとどうなるか

不正アクセス禁止法の対象になる可能性があり、知らずして犯罪行為を行ってしまう。

 

p.42 引用

・何が起こったのか

引用のルールをしっかり確かめず、何の意識もなく、他人のものを勝手に使ってしまった。

・このままいくとどうなるか

丸々全部コピーをしてしまった場合、法律に違反する可能性がある。

 

p.44 著作権

・何が起こったのか

著作権のことを何も意識せずに、勝手に人が作ったキャラクターを自分のブログにアップしてしまった。

・このままいくとどうなるか

人の作品を勝手に使ってしまうと著作権法違反となり、状況によっては犯罪行為となってしまう。